「月曜日が本当に怖い」というのを放っておくと・・・

どうも!久しぶりの記事の
更新になります。

うつ病を改善したとげぴーです。

この記事では、
月曜日がこわいということを
放っておくと何が起こるのか?

ということを書いていきます。

月曜日が怖いということをそのままにしておくと本当に大変なことになってしまう?

あなたは日曜日の夜にサザエさんを見ると
突然憂鬱な気分になりませんか?

金曜日の晩と比較すると
雲泥の差ではないでしょうか。

ようは簡単に説明しておくと
とにかく日曜日の夕方頃になると
猛烈な気分お落ち込みに襲われてしまうということになります。

「うーん。そうなんだ。誰でもあるよね。でも、
仕事に行ってしまえば何とかなるんじゃ」
とついつい放っておきがちな人が多いと思います。

 

もちろん私も放っておいた時期がありました。
しかし、ブルーマンデー症候群を放っておくと
いづれは大変なことが起こる可能性があるのです。

 

月曜日が怖いことを放っておくと自殺のリスクが高まってしまう?

で、なんで怖いのかということですが
ブルーマンデー症候群を放っておくと
いづれは大変なことになってしまうのです。

月曜日に来る仕事を
想像する出家でも嫌な気持ちになってしまう。

そしてそのストレッサ―は毎週毎週
待ってくれることもなく
どんどん押し寄せてしまいます。

例えば新型うつ病で
「もうだめだ。会社を休む」

となってしまえばまだよいのかも
しれません。

それはある意味仕事のストレッサ―として
自分なりに上手く回避できているからだと言えます。

しかし、
ある意味毎週毎週ブルーマンデー症候群を
放っておくと気付かないうちに本当の
うつ病になってしまうことがあるのです。

そしてその先にあるのは自殺という結果です。

 

ブルーマンデー症候群は自殺を誘発してしまう?

厚生労働省が自殺について調査したところ、一番自殺が多い曜日が日曜日だそうです。

そう。週1回の憂鬱だけと
放っておくことで、

実は大変なことを引き起こしてしまうのです。

もちろん日曜日の日に
「会社に行きたくない」
というほかに、
めまいや吐き気などを生じたら

本当にストレスを感じている証拠だと言えます。
ストレッサ―が働き
心因反応を引き起こしている可能性が高いと言えます。

もちろんうつ病になれば
それなりの治療が必要になります。

 

月曜日が怖いという気持ちを少しでも解消する方法

「でも月曜日は毎日毎日来るんですよ
それで、どうすればいいんですか?」

とあなたは思ったかもしれません。

確かにそうですね。

それは以下に日曜日を有意義にすごすことができるかに
大きくかかっているということです。

ではその具体例を紹介していきますね。

1,日曜日に自分の好きなことをして感情をあげておく

例えばですけど
余りにも月曜日が怖いということで
日曜日の朝から夕方までずーっと寝ている人がいます。

「もうだめだ会社に行くことが怖い」
という風にです。

そうやって日中も憂鬱な気持ちになっていると
余計に夕方の落ち込みが加わり

メンタルに負担を与えかねません。

そのために少しでもいいので
あなたが好きな心の震えることをしてみましょう。

例えば私は
日曜日の日に全力でジョギングを行います。

身体を激しく動かすことで
いつの間にか嫌な気持ちを吹っ飛ばしてしまいます。
つまり、身体を躍動的に動かしてあげる
ことで心を上向きにしてあげるということです。

→詳しくは、感情が鈍いということで悩んでいる
あなたへの記事を参考にしてみて下さい。

もちろん
運動だけではありません。

感動する映画を見ることで
あなたの気持ちが激しく揺さぶられ
快の感情を得ることができるようになります。

→これは扁桃体がプラスの方向へ揺さぶられていて
実質的に鍛えられているということになります。
詳しくは扁桃体を鍛える方法を参考にしてみてください。

2,寝ているのではなく、あなたの気持ちがりふれっしゅできるように

一番いけないことは
休みの日から布団にこもり
嫌な思考をぐるぐるとため込んでしまうということです、

そうすることで、
頭にストレスを抱えてしまい
うつ病のリスクを高めてしまことになります。

「でも、布団からあまり動きたくない」
という人も中にいるでしょう。

そういう人は少しでも
気分転換になるような行動をしてみてください。

携帯でゲームをするのでもいいし
音楽を効くのでもいいし。

大事なことはネガティブな思考から
意識をそらしてあげるということです。

 

3,月曜日専門のやることリストを抽出する

月曜日はある意味仕事の始まりと言えます。
つまり、「週明けそうそう何か嫌なことがあったらいやだな」
と、先の見えない恐怖も関係してきます。

そのために月曜日起きたらこれから
やることリストを作成しておきましょう。

やることリストを作成し、
朝からスムーズに動けるようになれば
速やかにリズムを切り替えることができますし。

その実感で嫌な気持ちも軽減されていくはずです。

 

4,月曜日の朝でなにか楽しみにできることを見つけておく

月曜日に目が覚めて何か楽しいことはないだろうか?
そんな風にあなたの中で一つでもいいので
楽しみを見つけてみてください。

例えば、私は月曜日になると
いつもより高いコーヒーを沸かして飲むようにしています。

そうすることで
少しでも楽しみを見つけることにつながったのです。

肝心なのは月曜日の朝ということに
焦点を置いてみましょう。

 

5,週の半ばに楽しみにできることを考えておく

週の半ばに何か楽しみにできる予定を
入れておくのも良いでしょう。

1週間を全体で見て
間に予定を入れておけば
それを楽しみに頑張ることができます。

 

もし本当にうつ病になってしまっていたら

いかがでしたでしょうか?
月曜日も案外馬鹿にできないなと思ったのではないでしょうか。

ただ、現時点で死ぬほど会社に行きたくなくて
「消えてしまいたい」
という人は本当にうつ病になってしまっている可能性
があります。

そういう場合は
日曜日の晩うんぬんよりも
まずは、うつ病改善に力を入れる必要があります。

ただ、うつ病で病院に行って会社にばれたくない。

出世に響いてしまう。

周りの人からバカにされたくない

と考える人もいるのではないのでしょうか?
実際に私も気持ちがわかります。

本当に人からばれたくなくて
病院に行くのを拒否していましたから。

 

自分でひっそりとうつ病を改善したいそんなあなたにはセロトアルファが本当にオススメ

そんなあなたには
本当にセロトアルファがお勧めできます。
私は実際に通販からの注文で

簡単に届くセロトアルファをずっと飲んでいます。
そのおかげで今はうつ病を改善し

元気に月曜日でも仕事に行くことができています。

しかも天然成分のサプリメントなので
仕事中に眠くなるというようなこともないので
安心して使うことができています。

詳しくはセロトアルファは効果なし?実際に私が試してみた
レビューの記事を参考にしてみてください。

以上です。
最後まで読んでいただき、ありがとうございました。