「髪を切りに行けない」となったらどういうことか?

どうも!
自分でうつ病を克服した
とげぴーです。

この記事では
最近髪を切りに行けなく
なったと悩むあなたのために記事を書きました。

「時間がなくて髪が切れない」
という問題は省きます。

本題にしているのは
「髪を切りに行きたくても気力がない」
とされる場合です。

もしかしたら、その傾向が余りにも
強い時、
うつ病を疑う必要があります。

なぜならば髪を切るというのは
うつ病のためのバロメーターになるからです。

 

うつ病になると髪を切りに行くことが非常に苦痛になる

うつ病になってしまうと髪を切りに行くことが
非常に苦痛になってしまうのです。

ではどうして苦痛なんでしょうか?

 

1,そもそもファッションそのものに意欲がなくなってしまう

もしあなたが元気な時は
ファッションにたくさんの興味を
持っており。

いろんな雑誌を読んでいたのかも
しれません。

しかしうつ病になってしまったら
話は全く変わります。

要は意欲を失ってしまうことが多く
これまでに反応していた興味なども
合わせて失うことが非常に多いのです。

もしあなたが興味ないものに
行動しなさいと言われたら何を
感じるでしょうか?

非常に苦痛になってしまいますよね。

 

行動そのものがハードルが高い

髪を切りに行くということは
非常にハードルが高い行動です。

まず美容院に行かないといけないですから
家から出て徒歩なり
電車なりの交通機関を
利用しないといけません。

 

そして。ついたら
椅子に座り女性の場合なら
2時間ほどかかってしまいますよね。

そして。問題なのは
担当美容師さんとのコミュニケーションです。

普通に精神が元気な人であれば
話すことは苦にもならず。
むしろ楽しいことであると言えるのでは
ないのでしょうか。

しかし、
うつ病の人にとっては
かなりの地獄を感じるでしょう。

普段は家にこもっていることが多い
と想定した場合。
かなりハードルが高いということになります。

まとめると髪が切りに行けなく
なったということは
かなり意欲が低下し、
心が消耗した状態と考えることができます。

 

私が美容院に行けるようになったお勧めの方法

私がうつ病を改善し
美容院に行けるようになったお勧めの
方法をお伝えします。

まずうつ病の改善に充てて
いろんな対策を練ったことでした。
それによりうつ病が改善され。

意欲が戻ったのを
実感できます。

→うつ病の運動療法
→うつ病の食べ物
などの記事を参考にして

うつ病の改善をしてみましょう。

以上です。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。