あなたの涙が止まらない時はどういう時?

どうも!
自分でうつ病を改善した
とげぴーです。

あなたは突然涙が出て
止まらなくなるということはありませんか?

 

もちろんなくということは
非常にストレスに対するコーピングに
なりえます。

実際に泣くことで
身体にたまったストレスを
押し出してくれるのです。

「泣くとすっきりする」
という表現は
非常に理に適ったものになります。

しかし、
大事な場面で突然涙が
止まらないとなると
自分でもめちゃくち心配になります。

ではどうして
涙が止まらないという現象が起こってしまうのでしょうか。

 

涙を流すことで自律神経のバランスを整えようとしている

そもそも涙を流すことで
どういう状態が起きるのか?

それを把握しておくことは
非常に大事なことです。

結論から言うと
泣くことで副交感神経
有意な状態にしてくれるということです。

私たちは自律神経というものを
持っていて

活動するための神経と(交感神経)
リラックスするための神経(副交感神経)

に分かれているのです。

しかし、ストレス社会と言われる状況の中
ストレスを我慢しようとすると
戦闘態勢に入ってしまい。

交感神経に支配されることになります。

緊張するときにゆっくり休みなさい
と言われればあなたはきっと
やすむことはできないでしょう。

ストレスを受けて
我慢すればするほど、
交感神経の支配される割合が
大きくなると言えます。

 

涙が止まらない時は自律神経のバランスが上手くとれていない時

涙が止まらない時は
あなたが我慢しして我慢して
狂った自律神経を一生懸命
取り戻そうとしている段階です。

例えば意識的に
映画を見たり感動をして
涙を流すということができれば

上手くストレスをコーピングし
自分なりに神経を切り替えることができている
状態と言えます。

しかし普段上手くストレスコーピングができない
といづれ自律神経はくるってしまい
あなたの中に限界が来てしまうようになります。

その結果
「もうだめだ泣くしかない」
とあなたの脳は感じるようになります。

すると自分の制御ができないうちに
とにかく交感と副交感の折り合いが上手く
付くまで「涙が止まらない」

という現象が起きるようになってしまいます。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
涙を流すということは
あなたにとって必要なことであると
わかったはずです。

 

ただ、とめどなくあふれることで
あなたのバランスを取ろうとしている
だけなのです。

ただ涙が止まらない
という状態は自分でも
戸惑いますよね。

そのために日ごろ抱えている
ストレスを上手く発散することは
すごく重要になります。

以上です。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。