あなたの涙が止まらないのは実は○○が原因だった!

どうも!
自分でうつ病を改善した
とげぴーです。

あなたは突然涙が出て
止まらなくなるということはありませんか?

 

もちろん泣くということは
非常にストレスに対するコーピングに
なりえます。

実際に泣くことで
身体にたまったストレスを
押し出してくれるのです。

「泣くとすっきりする」
という表現は
非常に理に適ったものになります。

しかし、
大事な場面で突然涙が
止まらないとなると
自分でもめちゃくち心配になります。

ではどうして
涙が止まらないという現象が起こってしまうのでしょうか。

この記事を見ることで
あなたは自分の涙が止まらない原因を
しっかりと理解することができるようになります。

 

あなたの涙が止まらない原因とは?

では、実際にあなたの涙は止まらないのでしょうか。
原因を見ていきましょう。

1,涙を流すことで自律神経のバランスを整えようとしている(ようは涙が止まらない時は自律神経のバランスが上手くとれていない時)

そもそも涙を流すことで
どういう状態が起きるのか?

それを把握しておくことは
非常に大事なことです。

結論から言うと
泣くことで副交感神経
有意な状態にしてくれるということです。

私たちは自律神経というものを
持っていて

活動するための神経と(交感神経)
リラックスするための神経(副交感神経)

に分かれているのです。

しかし、ストレス社会と言われる状況の中
ストレスを我慢しようとすると
戦闘態勢に入ってしまい。

交感神経に支配されることになります。

緊張するときにゆっくり休みなさい
と言われればあなたはきっと
やすむことはできないでしょう。

ストレスを受けて
我慢すればするほど、
交感神経の支配される割合が
大きくなると言えます。

 

涙が止まらない時は自律神経のバランスが上手くとれていない時

涙が止まらない時は
あなたが我慢しして我慢して
狂った自律神経を一生懸命
取り戻そうとしている段階です。

例えば意識的に
映画を見たり感動をして
涙を流すということができれば

上手くストレスをコーピングし
自分なりに神経を切り替えることができている
状態と言えます。

しかし普段上手くストレスコーピングができない
といづれ自律神経はくるってしまい
あなたの中に限界が来てしまうようになります。

その結果
「もうだめだ泣くしかない」
とあなたの脳は感じるようになります。

すると自分の制御ができないうちに
とにかく交感と副交感の折り合いが上手く
付くまで「涙が止まらない」

という現象が起きるようになってしまいます。

 

2,うつ病の可能性がある

突然ですが、
涙が止まらないということに対して
うつ病の可能性も当然あります。

例えば私たちは
意識的に涙を止めることができますよね。

「うん。当然ですだって人の前で泣くのは恥ずかしいもの」
はいその通りです。

しかし、
人間関係などでストレスがたまり
余りにも自分の中で負担が大きい時は
精神状態がすごく不安定になってしまいますよね。

すると
自分が意識していることにも
関わらず「もうだめだ」
というような感じで、とめどなく涙があふれてくることになります。

理由のない涙を流すことも多い

理由もなく涙を流すことも多いです。
特にうつ病になっている場合は、
日内変動で涙を流すことも多いのです。

例えば、
うつ病は午前中に調子が悪く
夕方になると比較的に調子が良くなると言われています。

そのために調子が悪い午前中に合わせて
涙を流すことは多いと言われています。

「どうして、涙が出るんだろう」
と泣きじゃくった後に
夕方になると「あれ」

という風が止まるというケースがあるのです。

 

あなたの涙が止まらない時にできる対処法とは

1,まずはストレスの原因をつきとめて対処を行う

まずは、
「自分はどうしてストレスを受けてしまっているのか」
という風に自分のストレスの原因を突き止めていく
ことが大事になります。

 

実際にストレスが原因で精神状態が悪くなり
自律神経系などに影響を及ぼしがちです。

そのため原因を取り除くことで
あなたの心を軽くすることができるようになります。

まずはストレスはどこから来るのだろう
そこの原因をつきとめていきましょう。
実際にストレスの原因すら気づかずに
そのままを生きている人がいます。

 

2,自分の抱えているストレスや問題を整理する

実際に自分の抱えている問題や
ストレスそのものを上手く整理できないと
つねに扁桃体が興奮し続け、
毎日が不安で仕方ないという状況になってしまうのです。
→詳しくはうつ病は扁桃体がずーっと興奮している
の記事を参考にしてみてください。

そのために、紙でもいいので
あなたが抱えている問題やストレスそのものを
書いて整理する必要があるのです。

整理することで
実際にあなたの頭の中も整理されていきます。

 

3,あなたができるストレスの発散法を見つけるようにする

意識的にリラックスを行うようにする

時には感動する映画を見て感情を吐き出してみる

運動をして体を動かして発散する

なんでもいいのであなたができる
ストレス発散法をしてみるようにしましょう。

涙が止まらない
ということは、一種のストレスの発散法なのです。

しかし、精神状態が余りにも悪いと
一気に蛇口をひねるようにどぼどぼと涙が
溢れてくるということになります。

そうならないためにも
日ごろからあなたのたまった気持ちを
少しずつ小出しにしていくことが大事なのです。

あなたのできることを見つけてみてください。

 

4,もしうつ病がひどくなってしまっている時には
専門的科などの受診を

もしあなたの中でうつ病がひどくなっていたら
自力で涙が止まらないという状態を
改善することは難しくなります。

むしろ事態は悪化し
過度な意欲低下を引き起こし
社会生活を送ることができないまでになることがあります。

もしもあなたの落ち込みが
長い間続いている時は
心療内科などの専門科に受診することも考えておかなければいけません。

 

5,私が実践したお勧めの方法とは

私はお勧めする方法として
サプリメントがあります。

セロトアルファというサプリメントなのですが
実際に天然成分で心の回復を促すので
薬が怖いという人には自信を持ってお勧めすることができます。

うつ病改善のサプリで今も手放せない

強力な味方になっています。

→詳しくはセロトアルファは効果なし?実際に私が試してみた
レビューの記事を参考にしてみて下さい。

 

最後に

いかがでしたでしょうか?
涙を流すということは
あなたにとって必要なことであると
わかったはずです。

 

ただ、とめどなくあふれることで
あなたのバランスを取ろうとしている
だけなのです。

ただ涙が止まらない
という状態は自分でも
戸惑いますよね。

そのために日ごろ抱えている
ストレスを上手く発散することは
すごく重要になります。

以上です。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。