あまり食べれないというあなたへ

どうも自分でうつ病を克服した
とげぴーです。

最近ごはんがあまり食べれないんだ
とまるで夏バテ?と言わん限りに
あなたは実感していませんか

 

実際に私もうつ病で
食事が進まず
10キロ痩せてしまうことがありました。

「もうこのまま、ミイラになるんじゃないか」
と怖くなってしまったのを
覚えています。

実際に私が食事がのどを通らなくなってしまったのは
ストレスであると考えています。

ではなぜストレスを感じてしまう
と食事に影響が出てしまうのでしょうか?

 

神経性食欲不振症の可能性

実際に食事がのどを通らなくなるのは
ストレスが関係している可能性があります。

具体的には神経性食欲不振症と
表記することがあります。

ようは拒食症であるということです。
もちろん、拒食とは正反対で
ドカ食いを進めてしまうこともあります。

これを専門的に神経性過食症と言います。
ストレスでドカ食いが止まらないという状態です。

実際に、私は神経性拒食症になっていました。
うつ病を発症する前はとにかく体重が減っていました。
「これがストレスによる心因性の影響なんだな」

と感じるころにはすでに10キロ体重が
落ちているという状態になっていましたから。

 

自分の中のストレスが大いに関係している

食欲が受けつくなる拒食症も
ドカ食いしてしまう過食症も
実は自分のストレスのサインであるということに
気付く必要があります。

例えば、私たちはストレスを感じてしまうと
自律神経のバランスが崩れてしまい、
時には首の痛みや便秘の進行など
実際に身体の中に影響が及ぶ可能性があります。

 

その影響が食事に及んでしまうということです。
「うーん。ストレスを感じていないんだけど
最近食事そのものの量が減ってしまったなと感じる」

場合は実は自分でも気づいていないストレスに
かかっている可能性があるということです。

自分では気づかないつもりでも
食欲などには実際に現れていますので
それを一つのサインであると考えて

ストレスに対処をしていかなければいけません。

 

私が食欲を戻したお勧めのサプリメント

私が実際に
落ち込んだ気分を持ち上げることが
サプリメントとして、
セロトアルファというモノがあります。

これは抗鬱剤とは違い、
完全なサプリなので、副作用など
の心配はいらないですね。

今なら公式サイトで
初回50%OFFで試すことができるので
私が自信を持ってお勧めできる
商品と言えます。

今すぐに公式サイトで
確認をしてみてください。

↓    ↓     ↓
今すぐに公式サイトで確認をしてみる