フェイスブックで落ち込むというあなたへ

どうも自分でうつ病を改善した
とげぴーです。

今回はフェイスブックのことを
お話しようかと思います。

私がうつ病の時には
本当に何もやる気がなくて
家に出ることもままならない状態でした。

そこで動いたのは
スマホを持っている手でした。

そこでやることがない私は
フェイスブックをちらちらとみるように
なりました。

そこではすごく人のリア充投稿が
たくさんアップされていたんですよね。

「自分なんて家でひきこもっているのに」
と自分自身が負け組のように
惨めで余計に気分が落ち込んでしまうことがありました。

しかし、
実際に私だけでなく
友人のリア充投稿を見ることで

どこか気分の落ち込みを感じてしまう
という人はたくさんいるようです。

フェイスブックうつという
言葉もあるくらいですから。

では実際にどうすればフェイスブックによる
落ち込みを解消することができるでしょうか。

 

一番良い方法は携帯の環境を変えること

一番良い方法は携帯電話の環境を変えるということです。
ようはがらけーに変えるということですね。

必然的に、
自分がフェイスブックを閲覧できる環境を
作らないということです。

しかし、
今までSNSを使用していた人からすると
かなりストレスのかかることですよね。

 

フェイスブックを見る時は良い部分だけが出ているんだと考える

フェイスブックを見て友人の投稿を
見てもそのまま受け取ることはやめましょう。

ようはその人の楽しい部分だけが
投稿されているんだと考えるようにします。

いくら楽しそうに写真にあっぷされていても
その人は悩みや苦しみを抱えている
可能性があるということを考えておくということです。

実際に
私達も悩みを抱えているでしょう?

同じであるということを
理解しておくということです。

 

そうすれば投稿を見ても
そのまま受け取り
「自分だけがみじめだ」
と考えることは少なくなります。

 

最後にあなたの気分に着目をする

最後になりましたが
あなたの気分に着目するということは大事です。

 

ようはあなたの気分の調子が良いのか。
それとも落ち込んでしまっているのかということを
自分と対話し、考えておくということです。

もしあなたの気分が良い場合友人の
リア充投稿を見ても
「ああ。すごく楽しそうだな」
と共感できることがあります。

 

しかし、もしあなたがうつ病のように
気分が落ち込んでいると
「自分ばかりがみじめだ」
と歪んだ形で受け取ってしまうのです。

あなたの気分そのものに着目し
落ち込みを認めたら
そこに対処していくことが望ましいということですね。

以上です。
最後まで読んでいただき
ありがとうございました。