眠りの質が悪い原因とは

どうも!
うつ病を自分で改善したとげぴーです。

なんだか眠りの質が悪い・・・
と感じることはありませんか?

朝起きたら特に
コンディションは最悪なんてのは
勘弁してほしいですよね。

今回は眠りの質が悪い原因に
ついてシェアをしていこうかと思います。

まずはお酒ばかり飲んでしまう
人は注意が必要ですよ。

詳しくはお酒ばかり飲む人の記事を参考にしてみてください。

 

どうして睡眠の質が悪くなるのか?

どうして睡眠の質が悪くなってしまうのでしょうか?

食事が原因

例えば、寝る直前に「お腹がすいたから」
とラーメンを書き込んで
寝ることは睡眠の質をすごく悪くしてしまいます。

 

食べることで食事を消化に回してしまいますから。
すると、人はぐっすり眠るということに
集中できないようになってしまいます。

お腹の消化をしつつ
寝るということをいっぺんにできなくなってしまうのです。

その結果、
「なんか眠れない、途中で目が覚める」
ということになってしまいます。

 

もし、食事が原因の場合は
しっかり消化を済ませてから睡眠をとるということが大事です。

寝る2~3時間前には食事をとらないようにしましょう。

 

ストレスを感じてしまう

過度にストレスを受けてしまうと
夜は眠れなくなることがあります。

「明日は嫌なことが起きたらどうしよう」
と布団の中で悶々と考えがグルグルとまわってしまいます。

その結果。
なかなか寝つきが遅くなってしまうわけです。

後、ストレスを受け続けることにより
交感神経が活発になってしまうこともあります。

交感神経は、
私達の活動するための
神経だと考えてください。

本来なら休むべき時は
副交感神経が働くのに
交感神経が優位になってしまうと

休めるものも休めなくなってしまうというわけです。

もしも、ストレスが原因で
上手く睡眠が機能していない場合は
寝る前にリラックスすることから始めてみましょう。

最後に

最後になりましたが、
私が睡眠の質を劇的に
改善させて方法をご紹介します。

私の睡眠を改善させてものは、
サプリメントでした。

天然成分でセロトニンがしっかり増えたな
と実感できるぐらい、

気持ちが楽になりました。
その穏やかな気持ちは
私の寝つきを良くしてくれ。

睡眠の質を明らかに大きくしてくれています。

ぜひあなたにオススメできる商品ですね。
しかも今なら、
初回50%OFFなので
試してみる価値は十分にあります。

詳しくは公式サイトで
確認をしてみてください。

↓   ↓    ↓
公式サイトで確認してみる