肩と頭が痛いんだけどどうして?

どうも自分でうつ病を克服した
とげぴーです。

「肩と頭が痛いと言われたんだけど
あちこち検査をしたけど、異常がないと言われた」
という経験はありませんか?

私も首と肩が
緊張してごりごりとこりまくったような痛みで

「これは何かの整形疾患に違いない」
と思ってレントゲンとかをとってもらって

異常なし
と言われて首をかしげた経験があります。

医者にも
異常がないと言われたし、
でもでも頭と肩は痛いし

あなたの中で何が起こっているのでしょうか?

頭と肩が痛いのは緊張性頭痛の可能性

頭と肩がいつまでも痛い・・・・
というあなたは

緊張性頭痛の可能性があります。

「なんなの?」
と始めて聞いた人もいるかもしれません。

緊張性頭痛は
スマートフォンなどを見ることによる
首の不自然な体位が一因とも言われていますし

ストレスによる緊張も
原因と言われています。

例えば、私たちは
ストレスを受けていると
身体がりらーっくす

というわけにはいかないですよね!!

身体はどちらかというと
がちがちに緊張をしてしまいます。

一時の緊張であれば
また緩めればよいですが、
ずーっと緊張してしまうと

それが当たり前のようになります。

そのために、
首や肩がきんちょうしたままに
なり、がちがちになってしまうのですね。

がちがちになった首は血行が悪くなりますから
老廃物や乳酸がたまりやすくなってしまいます。

その結果
「ずーっと首が痛い」
と感じてしまうようになります。

首を温めたり緊張を解いて対策をしよう

緊張性頭痛は
首や肩が緊張し血行が悪くなり
その結果老廃物などがたまり

痛みを引き起こすとされています。

では「なんとかできないの?」
と、何か良い方法はないでしょうか?

結論として
首を温める

ストレスを緩和するということが
対策として挙げられます。

首や肩の血行が悪くなっているので
意識的に温めてあげるということが
大事になります。

そうすることで血行が良くなり
老廃物を流しやすくなります。

筋肉の緊張も緩めてあげる
ことができます。

ストレスをためないようにするということは
もはや何となくお分かりではないでしょうか?

ストレスをためないようにしてあげることで
無意識のうちに筋肉が緊張する
ことを助けてあげることができます。

リラックスをすることで
筋肉の緊張も緩めてあげることができるのです。

特に
筋肉を温めて血行を促進する
緊張を取ってあげるという方法に
ジョギングがあります。

これは有酸素運動といって
身体の中を内側から温める良い方法です。

→詳しくはうつ病の運動にはどういうものがいいの?
という記事を参考にしてみてください。

最後に

首や肩が痛いことは私も
経験がありあますが

本当にどうしようもない
ような気持ちに襲われるものです。

しかもずーっと痛みが続けば
どうしようもありませんよね。

そのために少しでも
ストレスの緊張を緩和して
あなたに負担がかからないようにしましょう。

以上です。
最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。