自分は無力だと頭を抱えているあなたへ

どうもうつ病を自分で
改善したとげぴーです。

あなたは自分のことを
無力だと感じることはありませんか?

「どうして自分は
何もできないんだ」

と自分は無力であるということを
頭の中に描いては悩み悩んでしまいます。

しかし
この無力感というモノは
人それぞれで感じるところが違うでしょう。

もちろん「自分は無力だ」
とか微塵も思わないで、
人生を生きている人もいます。

どうして人それぞれで
このような違いが出るのでしょうか?

 

自分のしたいことができない時に無力感を感じてしまう

人それぞれで無力感を
どうして感じてしまうのかというと

自分の狙ったことや
したいことができないことで
無力感を感じてしまうからです。

 

例えば
ある人の中に
「絶対にこの目標まで達成しないと
行けない」と感じているとします。

その目標を掲げて
頑張りに頑張るけど
結果として達成することはできませんでした。

するとその人は無力感を感じてしまうのです。

そう。
どのような基準で感じてしまう
かは人それぞれの度合いによるものなのです。

 

自分の基準が時には自分を苦しめてしまう

人それぞれで
無力というものを感じることがあると
いいましたが。

 

人それぞれの考え方
次第で自分自身を
時には苦しめる可能性
があるということをしっておく必要があります。

例えば
完璧主義の人は
何事も自分の狙った通りに
物事を勧めようとします。

→詳しくは完璧主義を治すことの記事を参考に
してみてください。

しかし、
実際にはそんなにうまくいく
必要はないですよね。

するとちょっとした些細な失敗にも
「自分はどうしようもない。
なんて無力なんだ」と自分の頭を悩ませてしまいます。

一方で自分の基準が限りなくゆるい人がいたとして
ハードルが全体的に低いわけですから

「自分はダメだ」
といちいち悩む必要性はなくなるわけです。

なんとなく想像することができますね。

どちらが自分で自分を苦しめ
ストレスが強いかというと
もちろんみなさんはわかっていますね。

 

無力感を感じることが多い場合は自分の基準を見直してみる

もしあなたが
「自分はなんてだめなんだ」
と頭を悩ませていることが
多い場合は、

自分と対話してみて
自分は何事にも求めすぎていないか
ということを考える必要があります。

全て求めている人だと
絶対に思い通りにならないですから。

一つ一つの瞬間に
真綿で首を絞めるようになります。

このような状態だと
ストレスがどんどん溜まっていく
ということです。

そのため、自分の基準を
少しでも引き下げることができないか
ということを見直してみましょう。

最後に

私も最初は、
完璧主義者に近い考えを持っていました。

しかし日々の生活で
上手くいくことはなく。

「自分で自分の首を絞める」
ということを無意識のうちにしていました。

その結果
ストレスをどんどんためてしまい
うつ病がひどくなったと思います。

これを見ているあなたは
そんな思いをしてほしくないので
ぜひ自分の基準を引き下げることを

実践してみてくださいね。

最後まで読んでいただき
ありがとうございました。