生きている意味が分からないというあなたへ

どうも!自分でうつ病を
改善することができたとげぴーです。

この記事は、
自分で生きている意味が分からない
と悩んでいるあなたのために記事を
書きました。

 

生きている意味が見いだせない
と私も感じたことがあります。

そう考えるだけで
なんか辛くなってしまいますよね。

毎日を生きているが
すごく自分が空虚に感じてしまうわけです。

まるで胸の中に
ぽっかりと穴が開いたような
感じになってしまいます。

時には不安が強くなり
「自分はこのままで良いのだろうか」
と突如不安に見舞われることに
なってしまいます。

→詳しくは不安が強くなる時
という記事を参考にしてみてください。

では、
生きている意味が分からないという
悩みを改善する方法はないでしょうか?

 

人は先の見えないことに不安を感じてしまう

どうして生きている
意味が分からないと感じてしまうのでしょうか?

 

ずばり答えを返すとするのなら
先が見えないからとにかく不安になっていると
考えることができます。

ようはお先が真っ暗
というような状態になります。

絶望的な未来!
というわけではありませんよ!

先が暗くてあまりにも
見えないということなんです。

 

例えば
生きている意味が分からない
とまでいかないあなたも。
老後のことを考えると
すごく不安になるということはありませんか?

これは老後の
イメージが何となくという理由からです。

どんな生活をしているかもわからない

将来お金が残るかどうかもわからない

将来は家族と暮らせているかがわからない

さまざまなわからないが
あなたのことを不安にさせてしまうのです。

生きている意味が分からない
という人はまさに
明日すらも先が見えないからしんどい
という状態なのです。

生きている意味がわからないという悩みを解決するための具体策

1,自分のやりたいことを書き出してみる

まずはあなたの希望を具体化する
ということから始めてみましょう。

将来はいくら貯金したい

近いうちに旅行に行きたい

今日はあれを食べたい

こんな風に日々あなたがしたいことを
書いてみるのです。

書き出してみると
次に思考は動き始めます。

「このやりたいことをどうすれば
実現できるだろう」という風にです。

実際に紙に書きだしてみる
ことであなたの希望は実現に向けて動き出そうとします。

 

2,人に聞いてみる

以外にやっていないことが
「人に聞いてみる」
という作業です。

なあなあ俺は何ができると思う?

と身近な人に聞いてみましょう。
すると
「お前はこれに向いているから
こういう風にしてみれば?」
という答えがすっと帰ってくることがあります。

自分で考えることが苦手
という人は人に聞いてみるということも
一つの手ですね。

 

最後に

どうでしたでしょうか?
いまいち生きる意味が・・・

という人は今一度
自分の生きている未来に目を向けてみましょう。

もちろん、「1年先のことなんたわからない」
という人もいるでしょう。

そんな人は今日1日を思い描いてみる
ということから始めてみましょう。

少しでも先が見えるだけで
あなたの心が軽くなるかもしれませんよ。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。