日中ずっと眠いのはどうしてなの?

どうも!
自分でうつ病を改善したとげぴーです。

ぐっすり寝ることができたのに
日中ずっと眠い・・・・・

ということはありませんか?

本来であれば
夜しっかりと睡眠をとれていたら
起きているはずなのに

日中眠たくて眠たくて
仕方がないという状況に
陥るわけです。

「自分て本当は何かの
病気にかかっているんだろうか」
と考える人もいます。

夜しっかりと寝ているにも
関わらず、

「眠たくて眠たくて仕方がない」
というあなたの中で
いったい何が起こっているのでしょうか?

 

もしかしたらうつ病になっているかもしれない

はい見出しを見てもらえたら
わかったと思いますが・・・・

 

眠くて眠くて仕方がない
という人はもしかしたら
うつ病にかかっているかもしれません。

「ん?どうして?
眠れないっていうことがうつ病には
多いんじゃないの?」
とあなたの中で疑問が出たかもしれませんが。

実は最近よく耳にする
新型うつ病に多い症状なのです。

今までのうつ病とはまるで
違うので非定型うつ病と言い換えることもあります。

新型うつ病の特徴として

普段は元気であるが、
仕事などが近づいてくるにつれて
急に調子が崩してしまう(気分反応性)

生活習慣が乱れてしまうので
日中は眠くて仕方がないという症状が起きる

うつ病と類似した点
として、脳内物質の
セロトニンが減少している可能性がある

などの特徴があります。

生活リズムの原因で
「眠くて眠くて仕方がない」
という状況が起きてしまうわけです。

 

夜は多少なりとも起きておけるので
夜通し起きてゲームなどを
していることが多いです。

仕事が近づいてくるにつれて
眠くて眠くて
仕方がない

しんどくてしんどくて
仕方がない・・・・
という昼夜逆転の減少が起きることもあります。

 

まずは生活のリズムを整えてセロトニンを増やす工夫をしてみましょう

このように眠くて眠くて仕方がない
場合は生活のリズムを整えてあげることを
目指してみましょう。

朝は起きたら
必ず朝日を浴びるようにしましょう。
朝日を浴びることでセロトニンの分泌を
増やしてあげることができます。

→詳しくはセロトニンとはという記事を
参考にしてみてください。

そしてこのセロトニンは
夜間になるとメラトニンという物質に
代わり夜間の睡眠を助けてくれます。

まずは朝日をあびるという
習慣を試してみてはいかがでしょうか。

また運動や食事など
習慣を見直してセロトニンを増やしていくことも
有効な方法です。

→うつ病の運動とは

→うつ病に効果的な食事の記事を参考に
してみてください。

リズム運動や
セロトニンの材料となる
トリプトファンを効果的に摂取していきましょう。

以上です。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。