グビグビゴクン!うつだけどお酒ばかり飲むあなたへ

どうもとげぴーです。

あなたはお酒を飲んでいますか?
もちろん、お酒は世間に
出回っており法に触れるものではありません。

しかし、
もしあなたがうつ病でお酒ばかりを
飲んでいるのならすごく注意が必要です。

なぜならば
お酒でうつ病を悪化させてしまう
可能性があるからです。

例えば嫌なことがあると私は
くるったようにお酒を飲むことがありました。

このようにまさに自暴自棄になりそうな
状態でお酒を飲んでしまうと最悪の結果を

招いてしまいます。

この記事を見ることでお酒ばかり飲んでしまう仕組みと
その解決法を知ることができるようになります。

 

お酒は依存症を招く

お酒ばかり飲んでいると
まず恐ろしいのが
依存症です。

 

まず、
お酒を飲むときがどういう時かを
思い出してください。

私もたくさんのお酒を飲んでいましたが
決まって、ストレスを感じたときに
お酒を飲みたくなっていたんです。

→不安が強くなる時も
お酒に走りやすい状態と言えます。

そんなこんなでぐびぐびと
お酒を飲んでいるうちに
いつの間にか
アルコールの依存性が形成されていきます。

ようは
「ないとイライラしてしまう」
というような状態になってしまう
ということですね。

しかもアルコールは
耐性があるから、飲んでも
今までの量では酔わないと
満足できなくなってしまいます。

その結果、大量のお酒を飲むように
なってしまい
依存症状態になってしまいます。

 

うつ状態が悪化する

もしあなたがストレスから逃げるために
お酒を飲んでいるとすれば
よりストレスが大きくなって

あなたのもとへ帰ってきますよ。

基本的によっている時は
すごく気分がハイになります。

あなたももちろん経験したことは
あるでしょう。
「よっしゃあ。なんでもやってやるぜ」
と気分が大きくなります。

しかし、酔いが覚めた時のことを
思い出してみてください。

「本当に辛い」
と気分は最悪になりませんか?

 

そう。

お酒の時のハイな気分
と落差があるのでまるで普通の
状態が気分の落ち込みのように感じてしまいます。

すると、その気分から逃れることを
いつしか考えるようになり
またお酒をガブガブと飲む。

 

その地獄のスパイラル
が繰り替えされてしまうのです。

するとお酒を飲むことだけに固執してしまうので
髪を切りに行けなくなるなど外のことは
後回しになります。

 

お酒ばかり飲んでしまう原因とは

「子どものころではかんがえられなかったのに・・・」

どうしてお酒ばかり飲むのでしょうか?

1,自分のストレスから逃げるために

これが一番お酒を飲む原因として
多いのではないのでしょうか?

例えば、
仕事場で働いていると
すごくストレスがたまりますよね。

たいていは、
職場での人間関係がストレスの原因と言われています。

そんなストレスがたまると
ついついお酒を飲んで憂さ晴らしをしたくなります。

憂鬱な気分にお酒が入ると
「あの悩みはなんだったんだ」
というぐらいになりますからね。

その結果。
毎晩のようにお酒に依存してしまうのです。

しかしこれをしていても決して解決にはなりません。
むしろストレスが余計にたまって気分が
落ち込んでしまうということを頭の中に入れておくべきです。

 

2,特に趣味や楽しみがない

仕事が終わって
「なあなあ飲みに行こうぜ」
と言わんばかりに毎日のように飲みに行っている
人に多いです。

ようは趣味などの日々の楽しみが他にない人です。

実際に社会人になって時間に追われることにより
趣味や楽しみを失ってしまう人もいます。

もちろんうつ病になってしまい趣味を失ってしまう人も
います。
→詳しくは趣味が消えてしまったあなたへという記事を参考にして
見てください。

そうなると即興で
気分を楽しませてくれるお酒に目が行ってしまうようになるのです。

 

3,特に目標がない。なりたい自分の未来が見えない場合

こういう場合は
「まあ今日もいいか」
とお酒に走ってしまう可能性があります。

 

例えば日々なりたい自分を持っている人の場合
「今日はこれをしなければ」
と友人の誘いもすっと断ってまっすぐに家に帰ることができます。

本当はお酒は身体に悪いんだ
だから毎日のように飲んではいけない
と心の中に感じている人でも。

日々目標が消えてしまった場合、
友人からお酒を進められても
「まあいいか」
というように飲酒行動に走ることが少なくないのです。

 

4,もはやアルコール依存症の状態

もはやアルコール依存症の状態
ということもあり得ます。

飲みだしたら記憶を失うぐらいじゃないと
飲まない。

朝から飲みたい。仕事の時でも
隠れて飲みたい。

このように病的飲酒で
日常生活そのものを壊してしまうような場合。

それはアルコール依存症の可能性があります。

こうなると飲酒のコントロール障害を
うしなっていると言えますから。

当然、
お酒を減らすということ自体が無理になります。

なぜならば一口つけると
お酒をとにかく飲めるだけ飲む
という状態になってしまうからです。

こういう場合は
まずはアルコール専門外来などの受診が必須になります。

 

ストレスから逃げるためにお酒ばかり飲むことはやめましょう

一番言いたいことは
ストレスから逃れるために
お酒を多用しないということが大事です。

 

酔うと気分がハイになり、
一時はストレスから
逃れるような感じにはなりますが。

酔いが覚めた瞬間
一気に奈落の底に突き落とされて
しまいます。

依存性が形成されてしまうと
お酒がないと不安で不安で
仕方がない状態になり。

つねにお酒ばかりを飲むように
なってしまいます。

自分の素面からは
大きく遠ざかっていくので
社会生活もままならなくなります。

 

また薬をすぐに飲もうとも考えないこと

またお酒の代わりに薬で代用しようと
考えないことです。

特にすぐに不安だからということで
「薬を飲んじゃおう」
とすぐに考え薬を服薬するのはやめましょう。

アルコール依存症が薬の依存に移行するケースが
非常に多いのです。

お酒を飲めない分
代わりに気持ちを楽にしてくれる薬に頼ろうとするからです。

そして飲めば飲むほど
薬の耐性も出てきますので。

次第に量が増えていき
依存から抜け出せないという事態が起こってしまいます。

なぜならば薬にも多少なりとも依存性があるからです。
ようはお酒の代わりに薬が置き換わるということになります。

薬物依存も非常に恐ろしいことの
一つなのです。

ちなみに私は薬を使用せずに
セロトアルファというサプリメントを
利用してうつ病を改善することができました。

詳しくはセロトアルファは効かない?
実際に私が使用してみたレビューを参考にしてみてください。

孤独な気持ちや
心の不安をより多く
抱えることになってしまいます。

ストレスから逃げるお酒は
絶対にやめてくださいね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

次の記事はお酒を飲む前に自暴自棄になりそうなあなたへ見てほしい記事です