うつだけどお酒ばかり飲むあなたへ

どうもとげぴーです。

あなたはお酒を飲んでいますか?
もちろん、お酒は世間に
出回っており法に触れるものではありません。

しかし、
もしあなたがうつ病でお酒ばかりを
飲んでいるのならすごく注意が必要です。

なぜならば
お酒でうつ病を悪化させてしまう
可能性があるからです。

 

お酒は依存症を招く

お酒ばかり飲んでいると
まず恐ろしいのが
依存症です。

 

まず、
お酒を飲むときがどういう時かを
思い出してください。

私もたくさんのお酒を飲んでいましたが
決まって、ストレスを感じたときに
お酒を飲みたくなっていたんです。

そんなこんなでぐびぐびと
お酒を飲んでいるうちに
いつの間にか
アルコールの依存性が形成されていきます。

ようは
「ないとイライラしてしまう」
というような状態になってしまう
ということですね。

しかもアルコールは
耐性があるから、飲んでも
今までの量では酔わないと
満足できなくなってしまいます。

その結果、大量のお酒を飲むように
なってしまい
依存症状態になってしまいます。

 

うつ状態が悪化する

もしあなたがストレスから逃げるために
お酒を飲んでいるとすれば
よりストレスが大きくなって

あなたのもとへ帰ってきますよ。

基本的によっている時は
すごく気分がハイになります。

あなたももちろん経験したことは
あるでしょう。
「よっしゃあ。なんでもやってやるぜ」
と気分が大きくなります。

しかし、酔いが覚めた時のことを
思い出してみてください。

「本当に辛い」
と気分は最悪になりませんか?

 

そう。

お酒の時のハイな気分
と落差があるのでまるで普通の
状態が気分の落ち込みのように感じてしまいます。

すると、その気分から逃れることを
いつしか考えるようになり
またお酒をガブガブと飲む。

 

その地獄のスパイラル
が繰り替えされてしまうのです。

 

ストレスから逃げるためにお酒ばかり飲むことはやめましょう

一番言いたいことは
ストレスから逃れるために
お酒を多用しないということが大事です。

 

酔うと気分がハイになり、
一時はストレスから
逃れるような感じにはなりますが。

酔いが覚めた瞬間
一気に奈落の底に突き落とされて
しまいます。

依存性が形成されてしまうと
お酒がないと不安で不安で
仕方がない状態になり。

つねにお酒ばかりを飲むように
なってしまいます。

自分の素面からは
大きく遠ざかっていくので
社会生活もままならなくなり。

 

孤独な気持ちや
心の不安をより多く
抱えることになってしまいます。

ストレスから逃げるお酒は
絶対にやめてくださいね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。