『すぐに人を否定してしまう』というあなたへ

どうも!
うつ病を改善することがとげぴーです。

この記事は
「私はすぐに人を否定してしまう」
という人のために記事を書きました。

「人の嫌な面ばかりが見えてきて
すぐに人のことが嫌いになってしまう?」
ということはありませんか?

嫌な面がたくさん見えてきて
嫌いで嫌いで仕方がないという状態に陥る

まさにそんな風な自分に嫌気がさしてしまいます。

ではどうして人を否定してしまう
という考えは生まれてしまうのでしょうか?

どうして人を否定する癖は生まれるのか

どうしてすぐに人を否定してしまうのか?
詳しく紹介をしていきます。

 

1,自分の自信がない

根本的な原因として
自分に自信がないということがあります。

どうして自分に自信がないないのに
人を否定してしまうの?

と思いますよね?

しかし、自分に自信がない分
余裕をもって相手を認めるということが
できないのです。

むしろ相手を攻撃することで
自分の自信を保とうともします。

 

2,現実から逃げるため

私たちは本当は
相手と上手くやっていきたいという
欲求があります。

それが上手くいかなくなると
「あいつはああゆう癖があるから」
と考えてしまい、
相手そのものを否定してしまうということです。

否定することで、
現実と向き合わなくてよくなります。

→自分を否定する人も実は現実から
逃げる手段として用いていることもあります。

 

3,完璧主義

自分に対して極度の完璧主義である
ということもあります。

例えば、「自分はとにかくやりたいように
やらないと済まない」という風に考えてしまう
ということです。

そんなこんなだから、
同じ考えを知らず知らずに相手に求めてしまう
のです。

「自分はこれだけしているのだから、
これぐらいはしなさいよ」
というふうにですね。

 

そんな自分にもストイックな面を
相手にも押さえつけてしまうということになります。

そんなこんなで相手と自分が大きく
ずれているということに気づき

「あいつはダメなやつだ」
と過度なレッテルを張ってしまうこともあります。

→詳しくは完璧主義の記事を参考にしてみてください。

最後に

「いかがでしたでしょうか。」
人を否定するということは、
自分のことが意外と関係しているということに
気付きます。

ようはしっかり自分のことを
ケアしてあげるということが大事になります。

自分の心を しっかり平静にしてあげることで
相手への思いやりが生まれてくるのです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。