うつ病の薬が大半の人に効かないという事実とは

どうも!今は薬を飲んでいない
とげぴーです。

今回は、
うつ病の治療に使われる
抗うつ薬が大半の人に効かないかもしれない
というお話をさせてもらおうと思います。

 

そもそもうつ病の原因
はすべてが解明されているわけでは
ありませんね。

実際に
脳内のセロトニンを増やす手助けをする
→セロトニンがわからない場合はこちらの記事を
参考にしてみてください。

セロトニン以外の
ノルアドレナリンやドーパミン分泌の手助けをする

興奮しすぎる扁桃体の
働きを鎮める

→扁桃体がよくわからないという人は
扁桃体の興奮という記事を参考にしてみてください。

このように目的を持って
お薬が使われるのですが、
どうして効かない人がいるのか不思議ですね。

2008年以降、抗うつ薬SSRIとプラセボ(偽薬)の効果を比較した結果、軽症および中等症までのうつ病では有意差は認められず、最重症例でのみ有意差が示されたという論文も複数発表されました。

行列のできる情報館より引用

これはどういうことかというと
軽度~中度の人には
薬の効果がないということですね。

プラセボとは、
ようは偽薬ということです。

薬効などはないけど
「これは薬なんですよ」
と差し出されることで

実際に薬を飲んだかのような
体験をするものです。

実際には薬の効果がないものですね。

それが実際に、
本物の抗うつ薬と比べて
大差がないということはすごく驚きですね。

最近では
副作用の方を執拗に強調する医師が
いることも事実で。

薬を飲んではいけない
という精神科医までいます。

確かに、
薬と偽薬の間に
有意さがないという事実を
見ると。

薬を飲まないほうが良い
という人が現れることも
うなずくことができます。

 

効く人もいるが割合が圧倒的に少ないという報告

勘違いしてほしくないことは、
「薬は絶対に効かない」ということではないです。

これを読んでいるあなたは
「薬でちゃんと効果があったよ」
という人もいるかと思います。

ただ、報告に照らせば

効果がある人は、
割合が圧倒的に少ないということです。

しかし、今の精神科医療においては
ほぼほぼ薬物療法が採用されています。

ここにはいろいろ見解があると思いますが
「やはり精神科には薬物療法しかない」
という医師が実際にいるということと。

薬を売るために
成約会社がプロモーションをしている
という側面がいろいろと関係してそうですね。

 

もしあなたが薬を飲んでいるのならちゃんと考えて飲んでほしいと思う

で、結局何が言いたいのか
というと、

「別に効果ないんだけど
気休めだけに薬を飲んでいる人」
、ちゃんと考えて飲んでほしいということです。

効かないのに、
副作用だけ感じている。

「けど、医者が飲まないといけない
と言っている」
から、どんどん芋ずる式に増えていく
お薬を飲んでいます。

ということは、非常に危険だと思うのです。

医療を疑えと言っているわけではありませんが、
100%信じ切ってはいけないということです。

自分自身が問題を明確に持ち
「自分の意思でうつ病をかいぜんするぞ」
という気持ちを持ってほしいと思います。

そうでないと、
無駄に増えていく薬を飲み続けることになるかもしれません。

あなたはうつ病じゃないかもしれないのに
うつ病かのように扱われてしまうかもしれません。

最後に

今日は非常に深い話をしたと思います。
ようはあなたがうつ病であれば
自分自身で考えていることができているか

ということが大事だと思います。

そのためには、
医療におけるメリット、デメリットを

さまざまな側面から知っておくことが好ましいのです。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。