重く受け止めることやめて得られた5つの効果とは

どうも!
自力でうつ病を克服したとげぴーです。

 

この記事では
何事も重く受け止めすぎないことで
得られた5つのことを紹介していきます。

 

マインドセット編になりますが、
これを守ることで
あなたの中にプレッシャーをかけないように
することができるからです。

 

ちょっとしたことでも
重く受け止めてしまう人っていますよね。

かつての私がそうでした。

ちょっと仕事をミスしたとして
まるで世界の終りのように、

落ち込んでしまうんですよね。

その落ち込みをずっと引きずってしまうから
またよくなことがおこってしまったり・・

「完全に悪循環やん」
と自分で頭の中で
唱えていた記憶があります。

 

→この記事以外でも気分の落ち込みを改善する
方法もおすすめの記事ですね。

では実際に重く受け止めることをやめて
良かったことを紹介していきますね。

 

重く受け止めることをやめてよかったこと

1,心が疲れなくなった

ちょっとしたことを
重く考えていた時は

とにかくずーっと悩み続けていました。

「今日の失敗がまた
明日広がってしまったらどうしよう」

という風に
受け取ったことを
さらに大きくしてしまう

という悪循環を感じていました。

そこで重く受け止める
ことをやめてみたら
ずっと嫌なことを考えている
時間がなくなるわけです。

自然と
心をすり減らす時間も少なくなり

心の消耗を抑えることができるように
なりました。

 

2,眠れるようになった

次に夜によく眠れるようになった
ということです。

良く寝れるから
朝も元気で活動することができるように
なりました。

特に夜に嫌なことを
考えることが多いんですよね。

「今日はこんなことがあったな
本当にだめだなあ」というふうに。

するととてもじゃないけど
寝付くことなんてできないんですよね。

布団をかぶり
悶々としていたこともたくさんありました。

 

3,自分の行動力が大幅に増えた

以前と比べて
自分の行動力が増えて
ばりばりと活動することができるように
なりました。

今では、
運動とかも定期的にする
ようになり、余計に心の調子がいいですね。

→詳しくはうつ病の運動療法
という記事を参考にしてみてください。

以前は行動をする前に
何事も考えるだけだったのですが、
重く受け止めることをやめてから

「とりあえず動いてみよう」
と行動することが主になりました。

すると、案外物事がスムーズに
進むわけなんですよね。

4,コミュニケーションがスムーズに

以前はちょっとしたことでも
躊躇してしまったんですよね。

「この話の内容は
相手を傷つけないだろうか」
というふうにです。

 

そう考えていると
いつまえたっても自分の考えを
外の出すことはできないです。

すると相手に
「話す気があるの?」
という風に不満にさせてしまうこともありました。

でも考えすぎをやめてからは
自分の考えを躊躇なく言えるようになるんですよね。

すると相手も
返事を返してくれ
スムーズに

コミュニケーションが
展開するようになりました。

5,考えるべき時に考えることができるようになった

これが一番
大きなことだったかもしれません。

 

自分の本当に決断をしない
といけない時に

自分の全神経を集中させて
決断することができたということです。

 

何事も受け止めていると
とにかくずーっと頭の中で
嫌な思考がグルグルるーぷしているわけです。

しかし、
考えるのをやめてから
かなり思考がクリアになるのです。

そしていざ考えないといけない時に
全神経を集中させることができるように
なるんですね。

最後に

私が重く受け止めることをやめることで得られた効果として

  • 1,心の消耗を抑えることができた
  • 2,夜眠れることができるようになった
  • 3,自分の行動力が増えた
  • 4,コミュニケーションがスムーズに
  • 5,考えるべき時に考えることができるようになった

と5つの効果を得ることができました。

「でもどうやったら、重く受け止める
ことをやめることができるのか」
と考える人もいるでしょう。

→そんな人は完璧主義者をやめることのおすすめの
記事を参考にしてみてください。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。