「何とかしてほしい」人と会いたくない病があなたの中に出てきたら・・・・

人と会うことに積極的になった?
うつ病改善の究極のサプリメントとは   ↓   ↓   ↓



どうも!
うつ病を克服したとげぴーです。

人と死ぬほど
会いたくない」という、
人と会いたくない病は
どうして起こるのでしょうか?

 

実際に私たちもみんな気分が乗らない時って
たくさんありますよね。

 

そんな時には自然と
「誰とも話したくない」という
気持ちになってしまいます。

 

しかし、人と会いたくない病が長い間ずっと続いているという場合は、
自分の心に異変が起きていると
考えないといけない時もあります。

 

うつ病に抑うつ気分が続いている場合

気分が悪いと
「一人にしてくれないか」
って誰もが思うことですよね。

そこでもしあなたが、
ずっとそのような気持ちを抱えているのであれば
「うつ病に」かかっている可能性はあります。

 

ようはうつ病による
抑うつ気分が症状になっているということです。

 

抑うつ気分が強いと
周りのことに構っている暇はなく
兎に角自分の休息を優先するようになります。

一言で言い換えると
→何をするのにも億劫な状態になってしまいます。

すると、気づいたら
「誰ともかかわりを持たないで引きこもる」
という事態を起こすことにもなります。

問題なのは周りの反応ですね。
何もあなたのことを知らない人は
「コミュニケーションを取らないくらい奴」

という風に勝手な印象を抱いてしまうことがあります。

 

そのような印象が対人関係トラブルに発展して
心理的ストレスを増やしてしまうということは
避けたいところですね。

→そのような経験から
人から悪口を言われている気がすると
感じることもあります。

実際に私も
「本当にあなたは暗い人ね。何を考えているのかわからない」
と面とむかって言われてこともあります。

 

会いたくない病が続いている時の対処法

1,会わないという選択肢を選んでみる

「なんだ当たり前のことか」
と思った人もいるかもしれませんね(笑

しかし、
もしその人と会わなくても大丈夫ならば
会わないという選択肢を選んだ方があなたにとって良いです。

だって会いたくないからですね。

 

無理してその人に会って、
自分もしゃべりたくなくて
相手に悪い印象を抱かれて

そんなリスクを持ってしまうのであれば
会わないという選択肢をしてしまうことが最適です。

2,どうしても会わないといけない場合は「今日は体調が悪いんだ」と話しておく

人とどうしても避けられない
時ってありますよね。

絶対に会わないといけない場合です。
そういう時は
「今日は体調が悪いんです」
と一言話しておきましょう。

 

人は言われないとわからないものです。
「なんでふてくされているのかな」
と反応だけで印象を決定してしまうことがあるからです。

 

もちろん、それは正常な反応で
私達も無意識にやっていることの一つです。

 

だからあえて断っておく
ということがすごく重要なんですね。

情報を入れておくことで
相手に「そうなんだ」と思ってもらえれば
対人関係のトラブルも自然と減少していきます。

 

3,うつ病の改善に専念する

うつ病そのものの症状を改善していく
ということです。

無理をせずに、
休める時はゆっくり休むということが大事です。

無理をするとかえって調子が悪くなってしまうということは
よくあることです。

後は、サプリメントを活用していくということも
オススメの方法です。

 

サプリであれば
飲むという行動一つで済ませることができるので
エネルギーそのものをあまり使わないというメリットがあります。

 

私はセロトアルファというサプリを飲んでいるのですが
今では薬を服薬することなく
抑うつ気分を克服することができました。

 

人と会うことが楽しくなって、
周りのこともうまくいくようになりましたね。

 

初回に関しては50%の半額で購入できるということなので。
試してみる価値は十分にあります。

一度公式サイト限定でお得を
確認してみてください。

↓ ↓ ↓
今すぐにクリックして公式サイトを確認してみる

→実際に私がセロトアルファをためしてみたレビューはこちらを
参考にしてみてください。

最後に

私たちはついつい人の反応に合わせて
無理をしてしまいます。

本当は人と会いたくない時にでも
身体に鞭を打って会いに行くことがあります。

身体が鉛のように重い時でも
無理やりに体を動かさないといけないという時があります。

ですから
無理をしなくてよい時は
無理をしなくてよいという考え方が大事です。

自分の100%で毎日を生きる必要は絶対に
ありませんから。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。