人と話すのがすごく怖いのはなんでなの?

人と話すことが怖くなくなった?
うつ病改善の究極のサプリメントとは果ては
↓         ↓       ↓


どうも!
うつ病を克服することができたとげぴーです。

「人と関わることが怖い」
とあなたは感じていませんか?

実際私も、人と話すことが怖くて怖くて仕方がなかったです。

うつ病がひどかったときは
余りにも自分の自信がちっぽけに感じてしまい・・・

人そのものを大切にできずに悩んでいました。

その気持ちが強すぎて
人と会いたくなくて本当に引きこもっていた時期がありました。
まるで人から悪口を言われているような
きになってしまったりもしたものです。
 

人と話すのが怖い
という気持ちはどういう部分からやってくるのでしょうか?

 

人と怖いという対人の恐怖症はどこから生まれるのだろうか

まず、人と関わることが怖い
と対人関係に恐怖を抱いてしまうことは
対人恐怖症に当たります。

 

ようは人と接することに極度に怖くなってしまう
ということですね。

そもそもどうして対人の恐怖というものは生まれてくるのでしょうか?
これは私達の
記憶に大きく関係していきます。

私たちは
思い出を持っています。

心に残ったことは
記憶がしっかり保持されるということですね。

特に私たちは扁桃体というものを
持っていて記憶をつかさどる海馬と
大きくつながっていると言われています。

もちろん、そこは人間の良い部分であるかとは
思いますが、それが裏目に出てしまうこともあります。

例えば対人恐怖などを例に挙げると
過去に人間関係で傷ついたことをずっと
覚えているということになるんですよね。

 

例えばあなたが素を出して友達から無視を
されたとします。

その悲しい記憶はずっと残っているから。

違う人と関わろうとしても
「自分を出してまた嫌われることがあったらどうしよう」
とたじろいでしまうということですね。

するとあなたは、
自分の殻の中にこもることになってしまいます。

そうしたら自然と話している相手から
「どうして話をしないの。あなたは暗い人だな」
と悪印象をもたれることが多いので。

あなたの悩みはどんどん深くなってしまうんですよね。

すると対人関係が原因でストレッサーとなり
布団から起き上がれないという事態も起こりうる
可能性があります。

 

すると上手くコミュニケーションを取ることすらできなくなり
人と話すこと自体に「すごく怖い」と人を見るだけで
脳にある扁桃体が不快だと認識するようになります。

→詳しくは扁桃体を抑える方法という記事を
参考にしてみてください。

このように私達の心に嫌な記憶が寝ずいてしまうと
言うことを覚えておいてください。

 

抑うつ気分も対人恐怖に影響している

もしあなたが対人恐怖に加えて
うつ病を併発している場合。

余計に人とのかかわりを避ける方向へ行くでしょう。
抑うつ気分があるので、
動くことそのものが嫌になってしまうからです。

 

もしあなたが人と会う予定があるとき
それを思い出すだけで身体が鉛のように重くなる
という心理的反応を起ここともあります。

 

→詳しくは身体が鉛のように重い
という記事を参考にしてみてください。

ただでさえ人と関わることに
恐怖を覚えてしまうという考え方の癖。

そして抑うつ気分という、
何もする気になれないという気分が
余計に対人関係を遠ざけて、恐怖を抱かせる原因になるのです。

 

あなたのできることから始めてみよう(対人恐怖の乗り越え方)

「人と話すのが怖い」
という気持ちはあなた自身が作り出したものです。

簡単に言うと思い込みであるということですね。

ようは、
人と話す→相手に不快と思われる
という図式を固定化していることが問題です。

そのために、
仲の良い人に話を聞いてもらい
不快に感じていないかと感想を聞いてみましょう。

すると
「嫌特に気にならないよ」

とあっさりと、
答えが返ってくることが多いです。

そこであなたは初めて
「そうか。案外うまくいくもんなんだ」
と、実感することがあります。

その実感を積み重ねていくことがすごく
大事ですね。

 

うつ病の場合は無理せずにできることをしてみる

あなたがうつ病の場合は、
自分でできることで改善を目指してみましょう。

ちなみに私は、
セロトアルファというサプリメントを
有効活用することでうつ病を克服できました。
→詳しくはセロトアルファは効かない?
実際に私が使用してみたレビューを参考にしてみてください。

例えば運動をすることで、
脳内伝達物質の分泌を促してみるという方法もあります。

→詳しくはうつ病に効果的な運動という記事を
参考にしてみてください。

食事に気を付けてみるという方法もあります
→詳しくはうつ病のための食事の記事を参考に
してみてください。

あなたのできることから、
やってみるということを意識してみましょう。

最後に

本来なら人と関わりを持つことは、
すごく楽しいことのはずです。

しかし、それが悩みのタネにもなりうる
という側面も持っています。

だから人とのかかわりはすごく難しいんですよね。
だから無理をせずに
自分に合ったやり方で対人恐怖を、
乗り越えていきましょうね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。