うつ病のあなたが薬に頼らないという考えを実践する方法

どうも。今は薬を飲んでいない
とげぴーです。

この記事では薬を飲んでいるうつ病の
あなたがどうすれば薬に頼らないで
生きていくことができるのか
というヒントを書いていきます。

私も
薬を飲んでいた経験者の一人して
言えることですが。

薬を飲んでいるときは
「なんとか薬を
飲まないで過ごすことができないだろうか」
と考えた経験があります。

→実際に副作用で太ってしまったことも
大きな原因です。

通院していた間は
欠かさずに薬を飲んでいたわけですが
心のどこか隅っこで

「自分は薬に頼ってしまっている」
という気持ちを持っていました。

これを見ているあなたも
そういった気持ちを持っているか
と思います。

では、そんな気持ちを
どうすれば実現に生かしていけるのでしょうか?

 

気休めに薬を飲むという気持ちを捨てる

「ああ。なんかしんどいなあ
とりあえず薬を飲んでおこう」
という気持ちが固定されていれば

その考えは捨て去りましょう。

そう。

とりあえず薬を飲んでおこう
かという気持ちは、あなたの薬に頼るという
気持ちを増大させてしまいます。

気休めの薬は
決して前向きな言葉であるとはいえません。

 

2,薬を追加でほしがらない。何かで代用できないかを考えてみる

「ああ。今日は気分が悪いな。よし
先生に薬を増やしてもらおう」
と、安易に調子の悪さで薬をほしがらない
ということです。

 

薬はどんどん増えていきやすいです。
もちろんあなたが希望すれば
主治医も特に抵抗なく処方する人もいます。

もしあなたが調子が悪いと感じた時
他のことで代用ができないかということを
考えてみましょう。

薬を飲まないと調子が治まらない
という考えを持つ人は
何かサプリメントなどを飲むという行動で
代用することが良いかもしれません。

→実際に私がセロトアルファというサプリメントを用いて
うつ病を改善したレビューはこちらです。

実際にぐびっと
飲むという体験はできますね。

他にも今の調子の悪い時の
考え方の癖を振り返るという方法もあります。

→たとえばあなたは完璧主義者ではないですか?
→自分のことを上手く認めることができていない
のではないでしょうか?

他にも
運動不足になっていないかどうか
自分自身の生活習慣で改善できることはありませんか?

→うつ病の運動療法という記事をぜひ
参考にしてみてください。

薬以外で
調子の悪さを解決できないか?

常に自分の頭で考えておきましょう。

 

なんとなく調子が悪いだけなのに薬を処方してもらっていませんか?

例えばですが
私たちは風邪をひくと
風邪薬を飲むことが多いですよね。

そんな習慣がわざわいしてか
ちょっと気分が落ち込むから
抗うつ薬を処方してください。

という人も中にはいます。

もしかしたら、
あなたはちょっと調子が悪いだけで
うつ病ではないかもしれませんよ?

→そういう場合は自分の考え方を変える
方が落ち込みを改善することができるかもしれません。

精神科疾患は
客観的なデーターというものを
測りかねるから。

問診のみで
診断が下りてしまうことがあります。

「自分はうつ病だから」
と言っている人の中には

本当はうつ病ではなかったという人も
少なからずいます。

むしろ薬の副作用にかかってしまい
「意欲がわかない」
だとか

「眠くて眠くて仕方がない」

という風に薬のせいで
自分はうつ病かのように考えている
人もいます。

これでは
本末転倒になりますよね。

自分の心に慎重に向き合って
安易に薬には頼らないということも
大事になってくるのではないのでしょうか。

 

最後に

あなたがうつ病だとして
決して

「必ず薬は飲んでいけない」
というつもりは一切ありません。

むしろ薬そのものが
本当に必要な人も
中にはいます。

しかし、何も考えないで
「ちょっと調子が悪いから」
と薬を飲むのであれば

飲まないほうがいいのではないか
とは思います。

自分のことにとにかく
慎重になってくださいね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。

→次は「上手く笑えなくて」困っているあなたへの記事です。