うつ病で太る原因って何?

どうも自力でうつ病を克服した
とげぴです。

私はうつ病がひどかったときは
体重が今より10キログラムほど
太っていました。

ただでも、
気分がしんどいのに、
身体もみるみる大きくなってしまって、

「自分はどうなるんだろう」
と途方に暮れていたことがあります。

自分のセルフイメージも
とことん下がってしまいますので
余計に引きこもりのような状態になってしまうのです。

この記事ではどうして
うつ病は太るのかという原因を
紹介していきます。

うつ病はどうして太るのかという原因

1,活動が低下してしまうから

うつ病は気分が落ち込んでしまいます。

すると、動くことすらもおっくうに
なりますよね。

私もうつがひどかったときは
とにかく寝てばかりいました。

ようは必然的に活動性が
低下してしまうということですね。

食べる量は同じでも、
活動が低下してしまうわけですから

摂取カロリー>消費カロリー

という図式ができてしまうために、
太る原因になってしまいます。

 

2,薬による副作用

もしあなたが薬を飲んでいるとしたら、
それによる副作用の影響も考えることができます。

これは、セロトニンと
ドーパミンのバランスが変化するからだと言えます。

ドーパミンは私達が喜びを感じる時に
分泌する物質ですが、

食欲を増進させるという効果があります。

そうすると、
いつまでもお腹いっぱいにならない
という現象が起きてしまいます。

食べる量が増えてしまう
ため体重が増加すると言われています。

私もSSRIという抗うつ薬を
服用していましたが、
服用した翌日体重が2キロ増えていました。

本当にショックだったのを覚えています。

また、糖代謝異常という
副作用を起こす薬も少なくはありません。

3,セロトニンの減少により、満腹中枢が刺激されない

セロトニンが減少してしまう
ことで、満腹中枢がいつまでも刺激されないという
事態を引き起こしてしまいます。

するといつまで食べても
お腹がいっぱいにならないですよね。

うつ病による太るを対処する方法

1,運動を行う

ジョギングなど、自分のできる
範囲で運動を始めてみましょう。

ジョギングなどはリズム運動に属するために、
セロトニンの分泌を促してくれる効果があります。

→詳しくはうつ病改善のための運動という記事を
参考にしてみてください。

2,サプリメントなどで代用する

薬による副作用はどうしても避けられないです。

もちろん、治療にも影響するので
主治医との相談も必要になるのですが、

サプリメントで代用する
という方法をとることも一つの手です。

急激に太るなどの
副作用ではサプリメントでは心配はありません。

最後に

気分の落ち込みだけで辛いのに、
太るということまで重なると

本当しんどくなりますよね。

この気持ちは私も
本当に良くわかります。

なるべく自分のイメージを崩さないように
できることから始めてみてくださいね。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。