気分の落ち込みを即座に対処する5つの方法

どうもとげぴーです。

今回はうつ病改善のためのマインドセット編になります。

気分がちょうどいいと思っていたのに、
ある時突然気分が落ち込んでしまう
ということは、よくあるケースだと思います。

問題なのは、
その気分が発端になってしまい、
次にとるべき行動が自暴自棄になってしまうことです。

 

嫌な気分が発端で
やけくそな行動を起こしてしまうことです。

例えば、気分が悪いことが発端で
家族に喧嘩をふっかけてしまう
ということですね。

すると喧嘩をしたことで
また気分が悪くなってしまいます。

このように
嫌な気分が発端で

ストレスや、嫌な気持ちが
ループしていくのです。

そんな事態を防ぐためにも
嫌な気分を対処する方法をお伝えしていきます。

気分の落ち込みを対処する方法

1,紙に書きだす

どうしてあなたは気分の落ち込みを感じるのでしょうか?

頭が漠然としていて
その中に落ち込みを感じていませんか?

あなたの気持ちを紙に書きだしてみましょう。
紙に書きだしてみることで

 

自分の考え方を
整理することができるようになります。

実際に、
自分の頭の中を
紙に書きだして視覚化するということは
自分の気分を落ち着けるうえで
大事なことです。

2,運動を行う

気分の落ち込みを感じるということを
詳しく見ていくと
ある意味頭の中で気分お落ち込みを
作り出しているということです。

ですから、
頭の中で考えないという習慣を
実践してみましょう。

具体的には
ジョギングお勧めですね。

 

ある程度強度を高くすれば
頭で考えている暇がないですね。

身体を動かすことで
気分も変わります。

詳しくはうつ病に効果的な運動の記事を
参考にしてみてください

3,場所を変えてみる

もしあなたが自分の部屋で
気分の落ち込みを感じているのなら。

 

あえて、場所を変えてみましょう。
場所を変えることで
気分転換になります。

案外同じ場所で落ち込むことが
多いという人は周りにたくさんいます。

そこで場所を変えることで
気分転換を図るという作戦です。

4,身の回りを整理整頓する

自分の気分は周りの環境に
反映されることが多いです。

例えば私はイライラしている時は
常に部屋がちらかっているようになります。

そこで自分の身の回りの
環境を見直してみましょう。

すると案外散らかっていた
ということはたくさんありますよ。

そこで整理すると
気が楽になったと気分を変えることができます。

 

5,睡眠をとる

気分を落ち込んでいるのに
ずっと重い腰を引きずりながら、
時間を悶々と過ごしてしまう。

そんな地獄の時間を過ごすのなら
あえて寝てしまうことをお勧めします。

寝ると、
嫌な気持ちがクールダウンされていくので、

起きると
「案外すっきりしていた」
ということはよくあることです。

最後に

最後になりましたが、

気分から、
人は行動を起こしやすいということです。

それが態度であったり、
話し方であったり。

大半は気分の落ち込みから

良い行動は起こしませんよね。

ですから上手く対処していくことが
健康に過ごすための秘訣になります。

最後まで読んでいただき、
ありがとうございました。